何度も何度も…

瞑想講師Sさんのブログより
何度も何度も
何度も何度も
繰り返す同じ動き
それはまるで不純物を少しずつ捨てて
世界で最も純粋なものを
作り上げていく作業に見えた
そうか、
奇跡はこうやって作られていたのか・・・」
今回の平昌オリンピックのフィギュアスケート種目で金メダルを獲得した
羽生結弦選手が出演する企業CMの中の言葉です。
瞑想は・・・
「何度も何度も
不純物を捨てて
世界で最も純粋なもの」に波長を合わせていく作業。
それが表に現れてくるのを待つ作業とも言えます。
その純粋なものとは
宇宙根源のエネルギー。
宇宙の現れとしての本来の自分です。
そのエネルギーを
金井メソッドでは「元波動」と呼びます。
そのエネルギーが
個としての「私」を通して現わされたものが
魂の個性となります。
チベット密教のマントラの中にも
「宇宙の根源が輝ける宝玉として、私の心の内に咲く蓮の花の中に在る」
とあります。
元波動に同調した世界では
人はそこですべての大事なものを得ることができ、
すべての不必要なものを捨てることができます。
金井先生によれば、その同調を崩さないためには
瞑想だけでなく、毎日の生活の中での現実の心身の在り方が大事だそうです。
「マイナスを減らし、プラスを増やすこと」
つまり、マイナスの想いから離れ、
喜びを感じることを増やすことだそうです。
そうか、
瞑想と現実生活は
そのようにつながっているのか・・・。
ほんとうの輝きは、
不純物を捨て去ったときに
現れるのですね。
今回の羽生選手の演技は
まさに不純物を捨てて
純粋なものに向かって行為が為された結果だったのでしょう。

◇   ◇    ◇

Sさんのブログの内容がとても良かったので、掲載させて
いただきました。(事後承諾でスミマセン!)
私の教室でも生徒さんに紹介しようと思います。

平昌2018オリンピック冬季競技大会 羽生選手編(30秒)